検索は一手間増やす

答えが明確な時に、ある想定した解を求めて、検索するときは、1発で検索を終わらせる検索リテラシーがあるに、越したことはありませんが、漠然とした状況で検索をかけるとき、私は検索に一手間増やします。

例えば、水槽があったとして、水草を買いたいと思ったとき。

水草と検索をするのですが、ここで画像検索をかけます。

画像検索で好みの水草が見つかったら、そのサイトを開き、水草の名前を調べる。

あとは、専門店で、水草の名前で指定すれば終わりです。

「百聞は一見に如かず」

ですから、見た目で探す方が効率的だったりします。

観光地、旅行地、木材、ちょっとした小物、オフィスグッズ

などはこのようにして検索します。